自己啓発

他人に振り回されやすい人の特徴3つと解決策

みなさんは自分の人生を生きていますか?

他人に振り回されやすい人ではありませんか?

自分の人生を生きていると思っていても、人は知らず知らずのうちに自分の人生を放棄してしまっています。

「いやいや、そんなことはないでしょ」と思うかもしれませんが、自分の人生を生きている人は本当に少ないです。

今回は他人に振り回されやすい人の特徴を紹介していきます。

当てはまる人は要注意です。

私のTwitterで人生に役立つ言葉などを呟いています。

そしてブログ記事をあげたときもツイートしてますので、是非フォローしてください。

今回の記事のツイートはこちら↓

他人と比較する

他人と比較する傾向にありませんか?

これは人間ならどうしても避けては通れません。

自分は自分と分かっていても、日本社会の性質的に難しいです。

なぜ他人と比較するのか

人は他人と比較することで、自分は他人よりも優れているんだと思いたい。

また、自分のやっていることは間違っていないのか?と確認したい。

他人との「優劣」を比べて、自分が「優」でありたいという欲求から比較をします。

なぜ比較してはいけないのか

他人と比較して仮に他人よりも優れていたとしましょう。それで得られる自尊心はどうなると思いますか?

他人と比べて得た自尊心というものはもろいです。

他人から得た自尊心は他人によって簡単に壊されます。

それはなぜか?

他人は何十億人といます。あなたより優れた人なんて山ほどいます。

私より優れた人も山ほどいます。

ここで気づきませんか?比べることの無意味さに。

他人と比較していてもきりがないのです。

解決策

他人と比較しても意味がないことは分かったけど、じゃどうすれば良いのだ?と思いますよね。

これには良い解決策があります。

それは自分と比較することです。

細かく説明すると「昔の自分と比較」「未来の自分との比較」です。

昔の自分と今の自分を比較し、しっかりと成長できているのか。

今の自分と未来の自分とを比較して、その差が努力するべきところです。

これが健全な比較です。

他人からの承認を求める

承認欲求も誰しもが持ってしまう罪深い欲求です。

これは誰かに認められたいという欲求です。

あの人に認められたいと思ったり、親の決めた進路に進むと決めることも承認欲求です。

なぜ承認欲求がダメなのか

承認欲求こそ他人の人生を生きていることになります。

誰かに褒められたい、認められたいという気持ちは他人の気持ちを優先しているからです。

仮に認められて、褒められたとしましょう。その先に何がありますか?

更なる承認欲求です。

自分の気持ちを優先にしていないので、人生がうまくいかないと他人のせいにしてしまいます。

これは自分で決めないから起こるのです。

親のせいにしたり、上司のせいにしたり、言い訳ばかりが出てきてしまいます。

反対に、自分で自分の人生を決めている人は自分で責任を取るしかありません。

自分の人生を生きている人は言い訳を言いません。

解決策

承認欲求を捨て、自分の人生を自分で選んでください。

自分が生きたいと思う生き方を選んでください。

それには責任が伴います。

自分の人生ですから自分で責任を取りましょう。

それが自分の人生を生きるということです。

誰かに認められたい、褒められたいとい気持ちを捨ててください。

自分の価値観を大事にし、他人の目を気にすることなく生活してください。

何かしようとしたら自問自答してください。

「これは本当に自分がしたいのか」

「他人の目を気にしていないか」

客観的に自分を見ることが大切です。

環境や他人のせいにする

これは「環境」と「他人」を同じにしたのには意味があります。

ようは自分以外のせいにしているということです。

環境は、職場や家族のせいに。

他人は、上司や親、友達のせいにしていることです。

なぜ自分以外のせいにしてはいけないのか

自分以外の人やモノのせいにしていては成長がありません。

悪いのは「環境」

悪いのは「他人」

それでは悩みは一生なくならないでしょう。

仮に悩みがなくなったとしたら、それはが良かっただけです。

そんな運任せの人生で良いのでしょうか?

「よくありません」

解決策

まずは自分のせいにしましょう。

これはネガティブな意味ではなく、ポジティブな意味です。

会社のせいにするのではなく、その会社を選んだ自分のせい。

会社を変えるか、自分が違う場所で働くか決められるわけです。

選ぶのは自分です。

今の環境を自分で選んでいるのに、いつも愚痴を言っている光景っておかしくありませんか?

どんな環境も出来事も自分で選んでいる。

すべてが自分から始まっているということを落とし込んでいかないといけません。

まとめ

どうだったでしょうか。

自分の人生を生きていましたか。

もし生きていなかったら、今からでも自分の人生を生きていきましょう。

多くの人が自分の人生を生きられますように。

  • この記事を書いた人

HIRO

家族大好きな30歳です。男の子3人と妻と仲良く暮らしています。このブログは2019年11月から書いています。趣味はサッカーとゲーム。現在はゲームに熱中。好きなジャンルは主にRPG。今はFF7リメイク、ドラクエⅩなどやってます。サッカーはFW。目立つことが大好きなのでストライカー。 ブログは、自分の興味があるものや誰かの役に立つことを発信しています。

-自己啓発
-, , ,

Copyright© HIRO BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.