自己啓発

自分で決めたことをできる人とできない人 ダイエットやたばこをやめることも一緒

みなさんハロー!HIROです!

今回タイトルですが、やると決めたことをしっかりやり理想の人生を手に入れてほしく、このタイトルにしました。

ダイエットしているのに痩せない人

タバコをやめたいのにやめられない人

近くにいませんかこういう人

これはみんな同じ「あること」が共通してます。

これを今回は解説していきたいと思います。

今回はこんな記事

自分で決めたことを守れない人と

自分で決めたことをしっかり守れる人の違いがわかります

この記事を読んで理想の自分を手に入れましょう。

ちなみに私がやってきたことは

私が実行できているもの

・ブログを継続して書く

・6カ月で10キロのダイエット

・煙草を2年半以上前にやめる

これをすでに行ってきました。

では、どうやってやってきたかを例をいれて説明していますので最後まで読んでいただけると嬉しいです。

合わせて読みたいもの↓

https://hirohiro777.com/830/

決めたことを出来る人と出来ない人の違い

前述のとおり世の中には自分で決めたことを実行できる人と出来ない人がいます。

あなたはどちらですか?

私はどちらかといえば出来る方です。

これはコツがあって、それを理解すればできます。

人間には短期的快楽と長期的快楽がある

人間には短期的快楽と長期的快楽があります。

人間は快楽を得て痛みを避ける習性があります。

ここがとても大切な部分になりますw

これは人間誰にでもあるものですが、どちらを意識するかで結果は変わります。

まずは各々の特徴を説明してから解説します。

長期的快楽とは

長期的快楽とは、今やることは人生を長い目で見たときに自分が本当に望んでいることかってことです。

もし、人生を長い目で見たときに自分が望むことをしているのであれば、それを快楽とするということです。

それは今は苦しいかどうかは問題ではありません。

例え今が苦しくても、長期的に見て自分の望むことならしかたないと思うことです。

短期的快楽とは

短期的快楽とは、今やることは今望んでいることなのかが大切になります。

長い目で見ることは大事ではなく今の感情次第で動くという考えかたです。

これは正直動物的と言ったら失礼ですがまさに動物!w

まぁ人間はどちらの面も持っていますので、どちらをより多く出せるかになります。

結論:長期的快楽に目を向ける

結論ですが、自分で決めたことをやるということは長期的快楽に目を向けることが大切です。

短期的快楽に目を向けると、今は楽しいですが結果それが自分の望むものと、かけ離れてしまうのが現状です。

長期的快楽に目を向けることは、自分が理想とする姿に目を向けるということです。

具体例を使って説明しますね。

ダイエットしたい人の場合

ダイエットしたい人がいるとします。

ダイエットに成功する人としない人の特徴を快楽の視点から説明します。

ダイエットを成功させる人

成功させる人は長期的快楽に目が向いていると言いましたね

・お腹がすいていても衝動的に食べるのではなく、決めている食事の時間まで我慢をする。

・甘いものや、太る原因になるものは食べない。

・リバウンドをしないように定期的に運動を行う。

・痩せるための知識を付けるために勉強をする。

これはつらいように見えますが、長期的に見て10キロ痩せたらどうですか?

それは本当につらいことでしょうか?

逆に短期的快楽に目が向いている人の場合はどうでしょう

ダイエットに失敗する人

・痩せたいけどお腹すいたから食べる

・甘いものや太るものでも我慢できない

・大変、疲れてる、時間がないから運動できない

・勉強は苦手だからできない

結果、痩せることなく下手をすれば太ります。

これは短期的に見れば楽で良いです。

しかし、長期的に見てどうでしょう。

望むものは何も手に入れられません。

これはすべてのことに当てはめられます。

常に理想とする自分を頭の中で想像できるかが大切です。

具体例で説明すると分かりやすかったと思います。

短期的快楽に目を向けるとつらく感じますが、長期的快楽に目を向けると今はつらくても我慢ができます。

明日の行動を変えるアクション

理想の自分になることに努力できる人になるにはどうしたら良いのか。

具体的なアクションプランを伝えます。

簡単なものだと、自分が今行動することは長期的に見て自分の望む結果を出すものかどうか判断することです。

これが簡単に頭で出来るようになると一流です。

しかし、これが出来るようになるには大変なので、今回は簡単になるように違うアクションプランを用意しました。

それは、自分の行動を短期的快楽と長期的快楽に分類して紙に書きだしてください。

長期的快楽の判断基準とは、自分の理想とする自分になる行動かどうかです。

そうすることで自分の行動が可視化できます。

甘いものを食べようとしたときに

「これは短期的快楽だ、いかんいかん我慢しよ」

みたいに自覚することが大切です。

それを分かっていても食べてしまう人は、そもそも本当に痩せる気はないのでほっておきましょうw

何か言ってあげるだけ時間の無駄になってしまうでやめましょう。

他にも具体的なやり方を紹介している記事があります。

これはif‐Thenプランニングという手法を使います。

要は習慣に取り込みましょうというものです。

詳しく解説してありますので是非下のリンクから読んでみてください。

https://hirohiro777.com/723/

自分で決めたことをできる人とできない人のまとめ

今回は少し厳しめの話になってしまったかなと思います。

自分を変えることは大変です。

痛みの伴はない成長は成長ではない」という言葉があるとおりです。

簡単に振り返ると

人間には長期的快楽と短期的快楽があります。

理想の自分になるには長期的快楽に目を向けることが大切です。

明日から使えるアクションプランは長期的快楽と短期的快楽を紙に書くというものです。

可視化することによって自分の行動を客観的に見ることができます。

しかし、世の中にはこれができる人はかなり少ないです。

これができるだけでまわりから

「すげー」って見られるので悪くありません。w

みなさんも理想の自分を手に入れましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人

HIRO

家族大好きな30歳です。男の子3人と妻と仲良く暮らしています。このブログは2019年11月から書いています。趣味はサッカーとゲーム。現在はゲームに熱中。好きなジャンルは主にRPG。今はFF7リメイク、ドラクエⅩなどやってます。サッカーはFW。目立つことが大好きなのでストライカー。 ブログは、自分の興味があるものや誰かの役に立つことを発信しています。

-自己啓発
-,

Copyright© HIRO BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.