自己啓発

【実体験】死にたいと思うほど心が折れた私がどうやってポジティブ野郎に変わったか解説

死にたいからポジティブ野郎に

https://hirohiro777.com

 

こんにちは、HIROです!
HIRO

 

ライオンくん
今日はどんな内容の記事なんだい!?

 

アシスタント
今日はとってもシリアスな内容を話すから、そういうのが苦手な方は見ないでね。

 

今回は死にたいと思った人間がどうやって変わったかを実体験をもとに解説していきたいと思います。

 

この記事を書いている私は20歳になるかならないかのときに本当に死んでしまおうかなと思うほどの局面にいました

 

そんな私がどのように変わっていって、今のようなポジティブ野郎になったかのストーリーです。

 

実体験なので、リアルをお届けできると思います。

 

もし、今昔の私と同じような状況にいても安心してください。

 

必ず変われます。

 

むしろ、1回心が折れて死にたいと思った人間は立ち上がった時に、物凄いパワーを持っています。

 

そんな経験したことない人にはまず負けません。

 

私が実証済みです。

 

死にたいと思うほど心が折れた場合の対処法

心が折れたときの対処法

 

まず明確に提示しておきたいのは、人それぞれつらいことは違うし大きいも小さいもないということです。

 

私には大きな出来事でも、他の人からしたら大したことないこともある。

 

その逆もしかり。

 

他人のことを自分の物差しではかってはいけません。

 

そして、自分のつらさを理解されなくてもしかたないと思わなくてはいけません。

 

それが出来たら苦労しないんですけどね。

 

私は当時、なんで誰もわかってくれないのって思ってました。

 

この考えは身を滅ぼします。

 

このつらさがずっと続くわけではない

 

つらい時って、これがずっと続くのかなって思いますよね。

 

だったら死んだ方がマシ。

 

そう思うから「死」を意識するのです。

 

その気持ちすごくよくわかります。

 

でも、そこから立ち直った私はつらいのは長く続かないことを知っています。

 

やまない雨はないとはよく言ったものです。

 

きっと未来は明るいと楽観的な気持ちを持つことは大切です。

 

自分を大切だと思ってくれる人がいるってことを忘れない

 

心が暗くなっていると自分なんて…って自分を大切にできなくなると思います。

 

そんな時に私が1番救われたなって思ったのは、自分を大切に育ててくれた親や家族の存在でした。

 

その人たちに悲しい思いはさせたくない!そう思いました。

 

その存在に気付けたのは大きかったです。

 

自分のことを大切に思ってくれる人は家族だけとは限りません。

 

友達や会社の同僚、どこにいるかはわかりません。

 

つらいなって思ったときは、そんな人のことも頭にいれてみてください。

 

きっと思いとどまれます。

 

ほんの少しの力でいいので前進

 

つらいことがあると、すべてが嫌になります。

 

心がその状態だと、行動も悪い方へといってしまいます。

 

そうすると、悪いサイクルになってしまって抜け出せなくなります。

 

それでは、現状は何もよくなりません。

 

ではどうすればよいか。

 

ほんの少しでもいいから前進する行動を

 

これが良いサイクルに持っていく唯一の方法です。

 

具体例

・本を読む

・笑顔を作る

・掃除をする

 

私が実践したのはこんな感じでした。

 

ちなみに私は、YouTubeでハプニング動画集を見て無理やり笑っていました。

 

そうでもしないと笑顔なんて作れなかったですからねw

 

これは次の章でしっかりと解説しますね。

 

どうやってポジティブ野郎になるのか

ポジティブ野郎

 

ここからはネガティブ野郎だった私が、どのようにしてポジティブ野郎に変わったか解説します。

 

先ほどの最後の章で少し説明しましたが、少しでも前進する行動が大切になってきます。

 

・本を読む

・笑顔をつくる

・掃除をする

 

これを細かく説明します。

 

本を読む

 

これは自己啓発系の本がおすすめです。

 

とくにおすすめなのが有名な本の「嫌われる勇気」です。

 

あのアドラー心理学の本になります。

 

 

少しでも今の状態よりよくなろうと行動することが大切です。

 

つらい時はよくなろうなんて思えないですが、少し悲しみの余韻にしたったら少し頑張りましょう。

 

本を読むことは少しでも変わろうと思う意思表示みたいなものなので、1日1ページでもよいのです。

 

もう1度言います。

 

少しでも変わろうという行動が大切なんです。

 

少しでも本を読むと自分頑張れてるじゃん!!

 

そう思えることが大切です。

 

そうすると行動が変わってきます。

 

行動が変わると結果が変わってます。

 

このように良いサイクルを作ることが大切です。

 

その漕ぎ出しとして本を読むという行動はおすすめです。

 

笑顔をつくる

 

これも良いサイクルを作るのに大事なことの1つです。

 

つらいときって笑顔を作るのめちゃくちゃ大変なんですよ。

 

笑うことってないですからね。

 

笑えたら苦労はしません。

 

笑い方忘れたのか?って言われるほど笑いませんでした。

 

そんなとき私がやったことは

 

YouTubeでハプニング特集の動画を見ることです

 

これを部屋で1人で見ながら笑うのですw

 

周りから見たらとんでもなく気持ち悪ですがw

 

だから、くれぐれも1人で見てください。

 

頭おかしいと思うかもしれませんが、効果は私が保証します。

 

笑えない状況でも、マジで笑えます。

 

笑うと心は軽くなります。

 

最初は強制的でもいいので笑いましょう。

 

ちなみに私は笑いながら泣いていました。←笑えないw

 

掃除をする

 

やっぱり汚い部屋にいると心も汚くなりがちです。

 

生活感のない部屋は逆に居心地が悪いと思う人もいるかもしれませんが、慣れてくれば絶対にきれいな部屋のがよいです。

 

当時の私の部屋は足の踏み場もないほど汚かったのです。

 

それをきれいにしたことで、心が軽くなりました。

 

部屋は心の中の表れです。

 

そう思って掃除しました。

 

ベッドの下が汚いのは見えないからいいやって思って掃除していない惰性の心の表れ。

 

汚い心は治さなきゃと思っても、別に他人に見られないしいいやって思って直さないでいました。

 

それが自分を滅ぼすのです。

 

本当にポジティブ野郎になるには、心からきれいになっていないといけません。

 

汚れた心では何をやってもうまくいきません。

 

それを掃除をして気が付きました。

 

部屋を掃除するということは、心を掃除しているのと同じです。

 

きれいに掃除し終わると達成感でたまらなくなります。

 

また頑張ろうって思えます。

 

1から頑張るぞって思えます。

 

これが大事です。

 

死にたいと思う私がどうやってポジティブ野郎にかわったかのまとめ

 

今つらくてもそれが永遠に続くことはありません。

 

でも、たしかにそのときは永遠に続くと私も思っていました。

 

でも、現実は違います。

 

その状況から立ち直った私たちは、普通に生きている人たちよりも必ず強い人間になれています。

 

それは間違いありません。

 

圧倒的不幸は人間を大きく変えます

 

私の嫁がすべて知っています。

 

よくあの状態から、そんなにもポジティブ野郎になれたねと。

 

1回心の折れた人間は普通の人間よりも強くなれます。

 

大切なことなので2回言いました。

 

今の自分を作っているのは、まぎれもなくあのときつらかった自分です。

 

今回のこの記事を読んでもつらいと言う人はTwitterにでもDMしてください。

 

なんでもアドバイスします。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう!

  • この記事を書いた人

HIRO

家族大好きな30歳です。男の子3人と妻と仲良く暮らしています。このブログは2019年11月から書いています。趣味はサッカーとゲーム。現在はゲームに熱中。好きなジャンルは主にRPG。今はFF7リメイク、ドラクエⅩなどやってます。サッカーはFW。目立つことが大好きなのでストライカー。 ブログは、自分の興味があるものや誰かの役に立つことを発信しています。

-自己啓発
-, ,

Copyright© HIRO BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.