子育て

子供の偏食どうすればいいの?原因と4つの対策!

子供は少なからず偏食があるものです。

この記事に辿り着いたということはお子様の偏食に悩まれておりますね。

子供のうちは酸っぱいものは腐っている、苦いものは毒が入っていると感じるように本能が思うため苦手という話を聞いたことがあります。

大人になると、その判断が知識として理解できるため食べられるようになるそうです。

昔はサバイバル生活でしたから生き残るための本能なのでしょうかね。

今回は偏食する原因と対策を紹介しようと思います。

是非最後までお付き合いください。

子供が偏食をしてしまう原因

子供の偏食にはいろいろな要因があります。

対策をするためには、なぜ偏食になるのか理解しなくてはいけません。

子供にとって食べにくい食べ物

幼児だとまだ顎の未発達や歯が生えたりしていません。固いものはどうしても食べにくく偏食の原因になってしまいます。

また胃や腸も未発達で消化に体力を使うのも同様に幼児の負担になってしまいます。

固いものはすり潰したりしましょう。また普通に食べられる物も大きいと食べにくかったり消化に良くないので小さいサイズで出してあげましょう。

食べ物に嫌な思い出がある

これは上記にあげたものを子供が覚えてしまっていて偏食になることも同じです。

その他にも、熱すぎて子供が口の中をやけどしてしまった記憶なども当てはまります。

幼児の場合は、その食事を食べた後に親に怒られたなどの嫌な出来事も食事と結びつけてしまって偏食してしまうパターンもあるそうです。

離乳食の際にバランスよく食事ができていなかった

離乳食というミルクから初めて食べ物を口にする際に偏った物ばかりだと、偏食をする可能性が高くなります。

甘いものやお菓子などをあげて覚えてしまうと、ご飯よりも甘いものが食べたい!となり偏食になってしまう原因です。

親の食事が偏ったものになっている

親の食生活が偏った物になっていると、どうしても食卓に並ぶ物も偏った物になってしまいます。

そうすると子供は良く食べる物と、食べたことない物が出てきてしまいます。食べたことがない物が多ければそれだけ偏食の可能性は大きくなります。

親の食生活が偏っていれば、子供が偏食になってしまうのは必然です。

アレルギーや発達障害

アレルギーとは、ある特定の食べ物で身体の中の免疫機能が過剰に反応して、蕁麻疹や発熱、腹痛などの症状がでます。

はっきり症状が出ていないだけで、本人は体調悪化を感じている場合は親にはなかなか気づくことができません。

特定の食べ物に対して偏食をしている場合は、気づかないアレルギー症状が発生している可能性があります。

無理に食べさせるのは気を付けて、よく様子を見ながら食事をあげてください。

発達障害のお子様が偏食になるのは結構有名な話ですが、これは検索してみればたくさん出てきますので検索してみてください。

対策法

対策は食事と心の2パターンあります。まずは食事の対策から行きましょう。

離乳食時期

離乳食後というのは、子供にとって初めての食事です。

食材が嫌いな場合もありますし、味付けや調理方法が子供に合わない場合があります。

嫌いな食材があるなと感じたら味付けなどを変えてみてください。あとは好きな食材に混ぜて食べてもらったり工夫が必要です。

また何度変えても食べない時はアレルギーの可能性もあるので、無理に食べさせないようにしてください。

味付けは薄味が好ましいです。

幼児期

2~3歳になると自我がしっかりしてくるので、好きな食べ物と嫌いな食べ物がはっきりとしてきます。

このころになると今まで食べてこなかった物に苦手意識が芽生えます。また見た目で判断ができるのでキノコが嫌いとなると、キノコを見ただけで食べたがりません。

この際も調理法や味付け、見た目を分からなくするなど工夫して食べてもらいましょう。

家族みんなで一緒に食べる

上に述べたように親が偏食だと子供も偏食になりやすいです。子供は親のやっていることをよく見ています。

もし、親に偏食がある場合は自分から治していきましょう。そうすることで子供も一緒に頑張って食べるようになるかもしれません。

家族みんなで食卓を囲むことで食べることが楽しいと思ってもらいましょう。

言葉が理解できる年齢でしたら好き嫌いしない方が良いと話すことも有効です。

食べられたら褒める

苦手な物を食べられたら褒めてあげましょう。しかし、食べられなかったからと言って叱ってはいけません。

叱ってしまうと、苦手な物がさらに嫌いになってしまい食事自体が好きじゃなくなってしまう可能性があります。

叱ってしまうと逆効果となってしまうので、味付け等を変え食べてもらい褒めてあげる。

このサイクルにしてあげると食べられたという成功体験から苦手意識がなくなります。

偏食が改善される可能性が大いにあります。

まとめ

偏食になると栄養素が偏り風邪や病気になりやすくなります。また、苦手な物を避けて食べるので、わがままな子になる可能性があると言われております。

親にとって偏食は治したいものですが、すぐにすぐ治るものでもありません。

子供の成長に合わせて向き合っていくことが大事です。

親のアクションを変えて、あらゆる手段で改善を試みてください。

その努力を続けていくことで、子供が大きくなるにつれて食べられる物が増えていくでしょう。

諦めないで余裕をもって偏食を治していきましょう。

良い食事は良い毎日を作ります。

  • この記事を書いた人

HIRO

家族大好きな30歳です。男の子3人と妻と仲良く暮らしています。このブログは2019年11月から書いています。趣味はサッカーとゲーム。現在はゲームに熱中。好きなジャンルは主にRPG。今はFF7リメイク、ドラクエⅩなどやってます。サッカーはFW。目立つことが大好きなのでストライカー。 ブログは、自分の興味があるものや誰かの役に立つことを発信しています。

-子育て
-, , ,

Copyright© HIRO BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.